9月 2008

グレコ「シティスポーツEDT DLX」 製品詳細+口コミ感想

A型ベビーカーとしての基本を確実に取り入れ、デザイン性や価格の面でも評価できるグレコシティスポーツEDT。独自の目だった機能はないですが、バランスがいいモデルです。

機能と価格のバランスが絶妙「グレコシティースポーツEDT DLX」

グレコ シティスポーツEDT DLX 2008

製品名/メーカー名 シティースポーツEDT DLX/グレコ
価格 25,000円(税抜)
重量 5キロ
使用可能月齢 生後1ヶ月~4歳まで
特徴 ●片手で開閉可能
●自立可能
●160度までリクライニング

生後1ヶ月から4歳まで使えるロングユースタイプで、2万5千円はすごい。
かなり安い部類に入ると思います。ブランドベビーカーなのにすごいですね。

リクライニングは無段階調節で160度まで可能。
ベビー用のインナーヘッドクッションなども付いています。

A型ベビーカーに求めるコンパクトさ、耐久性(フレーム部分などの強さ)、コストパフォーマンスの良さなど基本的なところはしっかり押さえ、派手な機能は無いけれど実力のあるベビーカーになっています。

いちばんの特徴は、4段階に動くハンドル部分!
マクラーレンなどのハイポジションハンドルが辛い、小柄なママはぜひこのシティスポーツを選んでいただきたいと思います。ハイポジションハンドルは押しやすいと人気ですが、155センチ以上ないとかなり押すのが苦しいです。高い位置にあるので、手を上げないといけないんですよね。

うちは母(娘からみて祖母)が150センチしかなく、愛用のシルバークロスはかなり「腕が辛い」ということだったので、こういうのをもっと早く見つけていれば母用に購入したのになぁと思います。

買い物や散歩によく使う方はこういった細かい部分が選び方のポイントになると思います。
パパとの身長差がある場合もお互い快適に使えますよね。

[グレコ シティスポーツEDT DLXの詳細、購入]
赤すぐネット送料無料
Amazon送料無料
楽天市場(旧型のシティースポーツEDTも極少しですが販売店があります。基本性能は同じですが、ハンドル調節機能がありません。)

コンビ「アンプレッソSX」 製品詳細+口コミ感想

ワンアクションで開閉できる、コンビのB型ベビーカー、アンプレッソSX。
手軽さが人気で、2007年末の発売以来、販売台数が順調に伸びているようです。

軽さと、操作性のバランスが絶妙 「コンビ アンプレッソSX」

アンプレッソ SX

製品名/メーカー名 アンプレッソSX/コンビ
価格 31,290円
重量 5.3キロ
使用可能月齢 生後7ヶ月~体重15キロ以下まで
特徴 ●ワンアクションで可能な開閉
●自立可能

最大の特徴は、レバーを押し下げるだけで畳める「ワンアクション開閉」
ハンドル部分にあるロックレバーを解除し、ハンドルをグーッと下へ押しながら下げるだけで、自然に折りたたまれる仕組み。手元だけで操作可能なのでこれはほんと便利。

私も実際にやってみましたが、力もいらないし、スムーズに畳む事ができました。
そのままキャリーバッグのようにコロコロとタイヤを転がして運ぶことも可能。

2008-09-04.jpg

本体重量は軽いけれど、操作性は抜群
本体が軽いと押しづらいものなのですが、これはフレーム部分の角度が絶妙。
自転車のような方向転換が可能です。前輪の動きがいいんですね。

特別な独自の機能といえば、ワンアクション開閉のレバーだけで、その他の機能は平均的ですが、そのぶん価格も抑えられています。シート幅は広く、3歳までしっかり乗り心地もよさそうなので、ロングユースでお出かけを楽しめそうな1台です。

>>コンビ アンプレッソ SX
(赤すぐネットで通販可能。送料無料)

アップリカ「Cookie」製品詳細+口コミ感想

スリム&コンパクトタイプの、アップリカのベビーカーです。
生後7ヶ月から利用可能な「B型」と呼ばれる種類のベビーカーです。

コンパクトで、安全自立設計 「アップリカ Cookie」

Cookie

製品名/メーカー名 Cookie/アップリカ
価格 39,900円
重量 6.0キロ
使用可能月齢 生後7ヶ月~体重15キロ以下まで
特徴 ●地面から50センチ離れたハイシート
●自立可能
●肩掛けストラップ付き
●サーもディカルシステム搭載(通気性がよく熱は遮断)

最大の特徴!50センチのハイポジションシート
ハイボジションシート写真

これだけ地面から離れると、かなり照り返しによる暑さも防げると思いますし、砂ぼこりや水はねからも顔や体が随分守られると思います。

さらにママに顔が近いことで、お話できるようになったとき、しっかり子供の声が聞こえるんじゃないかなと思います。高さでいうと少しの違いのように思いますが、この数センチは随分子供にもママにも快適性の違いが出てくると思います。

自立設計&コロコロと引っ張ってラクラク移動可能
タイヤがしっかりしているので、この重量でもしっかり自立してくれます。
タイヤが地面についているので、コロコロとキャリーバッグのように引っ張って移動させることもできます。これがけっこう移動時に便利なんです。重量6キロはかなり重いですからね。

2008-09-04%20003.jpg

折りたたむときは、2ステップ。
足のフレーム部分のロックを解除し、左右のフレームを真ん中に寄せながら、ハンドルをシート側(ママからいうと向こう側)へ倒していきます。左右がきちんと合わさると「カチ」と音がなりロック完了です。

アップリカ独自の「サーモメディカルシステム」も対応。
ベビーの体に熱がこもらないよう、風は通して、外からの熱や冷えを遮断してくれるシート素材です。
これはもう6年くらいまえからありますが、ずっと採用されていますね。やっぱり人気なのでしょうね。

デメリットは、重量と価格
15キロまでということなので、3歳~4歳まで使えるものなのですが、約4万円は少しベビーカーの平均価格より高くなっています。アップリカは性能や使い勝手をよくして価格も上げる、というメーカーなのでこのベビーカーの内容からすれば価格も高すぎないとは思うのですが、やはり使用頻度が低い場合は少しもったいないかなと思います。

丸2年がっちり使えば、1ヶ月あたりの費用は1,666円。
他のベビーカーにない機能もたくさん搭載されてあり、安全性や使い勝手はもちろん最先端のものなので、使用頻度が高く、ベビーカーに乗せる時間が長い場合は、とても快適な時間を過ごせるベビーカーだと思います。買って損はないと思います。

重量ですが、しっかりとしたフレームを使うとどうしても5キロ~6キロになってしまいます。
その分、転がすこともできるし、肩にかけることもできるので、お子さんとの移動のときでもママが持ち運び可能なラインかなと思います。

>>アップリカ Cookie
(赤すぐネットで通販可能。送料無料)

プロフィール

こんにちは♪管理人のオレンジスカイです。
このブログでは、私が体験したベビーグッズ、育児グッズを中心に育児中のママに参考にしてもらえるようなクチコミ情報を発信していきます^^ やっぱり自分自身を振り返っても、いちばん役に立ったのは先輩ママからのクチコミ体験談。私も育児中の身として、たくさんの方々のブログやお話を参考にしてきました。少しでもまた私の体験談が、ママさんたちの役にたてたら・・・ 嬉しいです。



管理人プロフィール | お問い合わせ | 関連サイト:ベビーカー・プラスベビーグッズ通販情報赤すぐキャッチアップ | アクセスランキング